ニュース

マルニ木工、17日から新作発表会 深澤氏、モリソン氏 チェアに新たな装い

申し込みはこちらから

 マルニ木工は9月17日から28日までデザイナーの深澤直人氏とジャスパー・モリソン氏によるダイニングチェアの新作を披露する「MARUNI COLLECTION 2021 EXHIBITION」を開催する。事前予約制で申し込みを受け付けている。
 深澤氏の「Tako」は、背から腕にかけて、曲木を使わずに切削のみで加工した流れるようなオーガニックな曲線を描いている。彫刻的で柔らかなフォルムは同社の加工技術と「工芸の工業化」を目指す姿勢から生まれたという。昨年発表した板座に加え、張り座もラインナップに加え、マカロンのように、薄くて柔らかい座り心地を実現している。
 モリソン氏の「T1チェア」は、スタッキングチェアが新たに加わった。豊かな木の厚みを持った座、スタッキングできる金属の細い脚とT型に背中を支える金属板のコントラストが特徴。
 申し込みはイベントのオンラインチケットなどを発行している「Peatix(ピーティックス)」から。URLはhttps://mc2021.peatix.com/
 新作はweb家具新聞と次号10月13日号で詳報。

ニュースの最新記事