連載

★家具ECサイト拝見③ 天童木工オンラインストア(https://shop.tendo-mokko.co.jp/) 500点超掲載 探し易さが特長

天童木工オンラインストアのフロントページ
「ランキング」と「ニューコレクション」コーナー

 「天童木工オンラインストア」のフロントページを訪ねると冒頭、昨年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞したダイニングチェア「S―0507」などのスライドショーが表示される。
 ページを下へスクロールしていくと「RANKING」コーナーには人気製品5点が並ぶ。1位はデザイナー・柳宗理氏によってデザインされ、同社の成形合板技術により1956年に発表された「バタフライスツール」。2枚の成形合板が互いに支え合う姿から結婚祝いとしても人気の商品という。2位はイージーチェア、3位スポークチェアと続く。
 家具探しはその下の「PRODUCTS」コーナーで、ダイニングやリビングなど8項目の品目別リストから目的の製品ジャンルを選択する。
 「DINING」を選ぶと、チェアやテーブルがずらりと並ぶページへ。全177点と数が多いため3ページに分けられ、新着順や価格、商品名などで並び替え表示ができる機能も備え、目的の家具を探しやすい。
 気に入った商品写真をクリックすると、詳細な説明ページに飛ぶ。そこで張地のグレード(布・ビニールレザー・皮革)や色を選択すると、そのグレードの税込み価格が表示され、購入手続きへと進むことができる。
 同社がECサイトを開設したのは2010年。その後19年に全面リニューアルされ、現在のアイテム数は551点。ほとんどが自社製品だが、一部、ハーマンミラー社製品を扱っている。
 サイトの特徴は、製品数や選択できる張地を多数取りそろえている点。またホームオフィス用など天童木工ショールーム・ストア限定、オンラインストア限定製品も取り扱っている。
 ECサイトでの顧客対応や販売に当たっての留意点を聞くと「メーカー直売のECなので、製品をお客さまのもとへお届けするまではもちろん、ご使用後も責任をもって誠意ある対応が行えるよう努めている」。また「同社家具を取り扱っている取引店に配慮した販促戦略の決定を心掛けている」。コロナ禍に見舞われた昨年、同サイトへのアクセス数は一昨年に比べ2・4倍ほどに増えたという。
 今後の計画について「製品を一点一点、心を込めて製作していることや、製品の開発背景を伝え、より心地よく使っていただけるよう紹介方法を検討していきたい」としている。
(サイトの内容は2月10日現在)

天童木工オンラインストア

連載の最新記事

家具ECサイト拝見② カリモク家具(https://e-karimoku.com/) シンプルなフロントページが魅力

連載