ニュース

★ニーチェアエックス50周年記念 藤栄がオンライン展示会を開催

1本のネジで、肘かけとパイプを固定するという斬新な発想でつくられている「ニーチェアエックス」

 藤栄(東京都目黒区、岩井重樹社長)は6月2日から30日まで、発売から50周年を迎える「Nychair X(ニーチェアエックス)」の記念オンライン展示会を開催する。期間中、特設サイトから注文や商談ができる。
 デザイナーの新居猛氏がデザインした「ニーチェアエックス」は、1970年の発売以来、世界各国で販売されている名作。
 今秋の販促期に向けて、北米以外では初の展開となる新色のグレーを加えて先行受注を行う。また、織りのムラや糸のつなぎ目などがある「B反」を使って生地を有効利用したリサイクルシートを張ったニーチェアも販促用に用意している。シートのクリーニングサービスも今秋から開始する。
 参加方法は、ニーチェアエックス公式サイトのトップバナーをクリック、またはQRコード、URL(https://www.nychairx.jp/online-exhibition/)から。
 ニーチェアエックスは、背もたれと座面が一体になったシートとスチールのパイプフレームでシンプルに構成ている。重さ約6・5㌔と軽量で厚さ約15㌢まで折りたたんで隙間に収納することもできる。
 着脱可能なシートの生地は、岡山県倉敷市のメーカー・丸進工業が生産する倉敷帆布製。職人の手により丁寧に縫製された、全身の体重と椅子の構造を無理なく支えている。

ニュースの最新記事