連載

UR団地に見る国産材活用の今㊦ 団地ジャーナリスト 長谷田一平 若葉台団地/松ヶ丘団地 管理事務所に木の香り 「落ち着いて働ける」

若葉台団地の管理サービス事務所

■手狭さを改善

 最終回の今回は、埼玉県鶴ヶ島市内にある若葉台団地と松ヶ丘団地の活用事例を紹介しよう。
 両団地とも、居住者からの各種手続きや申請業務などを受け付けている管理サービス事務所を新築する際に国産材を使用していた。新築した理由は、いずれも従来の管理サービス事務所が集会所の中に併設されており、事務所の面積がわずか10~15平方㍍と極端に手狭だったことと、同事務所で毎日居住者の生活上…

連載の最新記事

家具ECサイト拝見② カリモク家具(https://e-karimoku.com/) シンプルなフロントページが魅力

連載