ニュース

★施工音や廃材を抑えた床張り工法 UR都市機構とナオス・テックが開発

新工法のフローリング
厚さ約0・2㍉のオレフィンシート

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)とフローリングやリフォーム事業を展開するナオス・テック(東京都墨田区)は5月20日、施工音や廃材を抑えるリフォームに適したフローリングの「床張りシート施工方法」を共同で開発したと発表した。
 施工方法は、特殊シートを切って張るだけ。厚さ約0・2㍉のオレフィンシートなど環境への負荷を抑えることができる上、職人が不足している建設業界にとっては、既存のフローリングの上に施工できるため、工期短縮、低コスト化のメリットもある。
 素材は、凸版印刷が開発協力した厚さ約0・2㍉のオレフィンシート。耐久性・耐水性に優れ、 表面のデザイン性も高いため、 既存のフローリング床のほか、 上り框(かまち)や床見切り等の細かな箇所への施工に加え、 階段のリフォームにも使える。接着面に使われている糊の粘着力は高く、床暖房も対応している。

ニュースの最新記事